MENU

当ブログについて

 

ご訪問いただきありがとうございます☺

 

 

パワプロ査定に用いるデータ

対ピンチ 

 

 

ですが、

2006~2010年の得点圏被打率が載っている本(雑誌、ベースボール誌等)はどこにも見つからないみたいです...(多分)見つからない限りでは入手困難。

 

港の星達さん、カメハさんのHPに何度も通いながら隅々まで探しても07年以降の得点圏被打率は載っていないそうです。

 

パワプロで巨人の2008越智、2008クルーン、2010久保などのタイムスリップ選手を作成しようと思ったら、

この年の得点圏被打率を割り出せばいいかわからず、諦めて適当に査定してしまいますよね...。

 

 再現選手をちゃんと査定して作りたいと思っている方のためには、

野球殿堂博物館に通いながら当時の公式スコアブックから算出するしかないと思って。

だから、2006~2010年の得点圏被打率を突き止めて、ここのブログに(日本初?)公開します。

得点圏被打率だけではなく、この年の選手の対左者被打率や特殊能力の査定を算出した選手のデータも載せていきます。

☆余談☆

算出しているうちに、ブックが載っている懐かしい選手の名前を見て、

「○○選手の活躍ぶり見てると、この頃に試合観に行きたかった」

「そういえばこの選手、当時すごかったな」

と今でも思いながら書き写しています(笑)

 

ちなみに2008年の元オリックス小松聖が大好きです。

彼の大きく曲がるカーブと鋭く曲がるスライダーが良いし、緩急を生かしてキレのあるストレートを抑えるピッチャー。

 

文書くの苦手だからうまく伝われるか心配かもしれないけど、

あんまり気にしないでください(;´・ω・)

 

 

夢桜さんのブログの記事が、少しでもみなさんのお役に立てることを願っています^^

 

 


読者登録(無料)をすると最新記事をお届けできます。